• Facebook
  • Twitter
クラウドPACS    SonicDICOM​

​【クラウドPACSは、院内に高価な画像サーバ用ハードウェアが必要ありません ネット環境があればOK】

​【MacOSでもWindowsOSでもiPadOSでも動作します 電子カルテPCがあればOK   画像専用PCが不要】

sdmd-ui.webp

       【クラウドPACSの導入メリット】

☑️ 院内画像サーバ不要ですので、サーバ費用0円(月額使用料+リモート保守のみ)

☑️ マルチOS対応(Windows/macOS/iPadOS)

☑️ アプリのインストールも不要 ブラウザさえあれば動作します。

☑️ 院内外どこでも高セキュリティで、画像を診断可能です。

☑️ 薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)認証済

☑️ 電子カルテのパソコンで、動作できるので診察室は1台でスッキリ。高価なモニタ不要

☑️ 各社電子カルテとも連携できますので、ワンクリックで検査画像を表示できます。

☑️ 画像サーバの買い替え費用も0円 5年後も安心です。

☑️ 災害時への備えとして、医用画像保存にも対応できます。

☑️ DICOM画像以外のJPEG画像等の取り込みも可能、CD入出力も可能です。

既存の画像ファイリングシステムからの移行可能です。
認証番号:230AGBZX00016000
製造・運用:フジデノロソリューションズ株式会社 販売元:フジデノロ株式会社
​問い合わせ:ando.radworks@gmail.com(安藤まで)
OsiriX
osirix

Mac専用DICOMビューア

​OsiriXの販売・サポート

OsiriXは、

Apple社製Mac専用のDICOMビューアソフトウェアです。

​Pixmeo社(スイス)が開発・販売を行っています。

弊社とPixmeo社は、2018年に販売パートナー契約

締結しました。

OsiriXの​販売・保守サポートを行っています

※薬機法未承認品

画像診断には、ご使用頂けません。

患者説明用としてご利用ください。

!​検査装置との患者属性連携が簡単に

MWMサーバ:RADWorkList

​クリニックでのMWMサーバーは、高価で導入が進んでいません。

しかし、検査装置のパソコンで患者情報の入力ミスが多い

電子カルテや画像ファイリング(PACS)を導入しても

デジタル化・自動化できない院長先生のご要望にお答えします

電子カルテや医事システムより、患者属性情報をファイルに出力(CSVなど)

検査装置(CR,DR,CT,MR等)の操作コンソールより患者属性情報を​取得できます。

接続する検査装置は4台までにすることで、コストを抑えたWMWサーバーを導入できます​。

お知らせ!

​【2022年】

​New!

2022/06/23  佐賀県佐賀市 某病院様 認知症検査用機材納入しました。
2022/06/16  山口県長門市 動物病院様 OsiriX MDを導入しました。
2022/06/09  福岡県春日市 動物病院様 OsiriX MDを導入しました。
2022/04/14  福岡県福岡市 動物病院様 OsiriX MDを導入しました。
2022/04/11  鹿児島県 耳鼻咽喉科様に導入しました。
2022/02/24  佐賀県唐津市 動物病院様 OsiriX MDにリプレースしました。
2022/02/01  空気除菌装置「eLENA -エレナ-」 販売開始!

2022/01/04  SonicDICOM PACS MD 大分県整形外科様・福岡県耳鼻咽喉科様 2施設 運用開始しました。