クラウドPACS    SonicDICOM​
tablet-pc-s.png

​New!

クラウド電子カルテ 接続実績(M3デジカル、CLINICS、クリアス)

         【クラウドPACSの導入メリット】

☑️ 初期費用がほとんど掛かりません(月額使用料+リモート保守のみ)

☑️ マルチOS対応(Windows/macOS/iOS)

☑️ OSのバージョンアップに依存しません。

☑️ 院内外どこでも高セキュリティで、画像を診断可能です。

☑️ 薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)承認済

☑️ 電子カルテのパソコンで、動作できるので診察室は1台でスッキリ。

☑️ 各社電子カルテとも連携できますので、ワンクリックで検査画像を表示できます。

☑️ 画像サーバのハード購入費用や買い替え費用が0円

☑️ 災害時への備えとして、医用画像保存にも対応できます。

☑️ DICOM画像以外のJPEG画像等の取り込みも可能、CD入出力も可能です。

​5年間バーションアップ無料

既存の画像ファイリングシステムからの移行も可能です。

認証番号:230AGBZX00016000
製造・運用:フジデノロソリューションズ株式会社 販売元:フジデノロ株式会社

OsiriX
osirix

Mac専用DICOMビューア

​OsiriXの販売・サポート

OsiriXは、

Apple社製Mac専用のDICOMビューアソフトウェアです。

​Pixmeo社(スイス)が開発・販売を行っています。

弊社とPixmeo社は、2018年に販売パートナー契約

締結しました。

OsiriXの​販売・保守サポートを行っています

※薬機法未承認品

画像診断には、ご使用頂けません。

患者説明用としてご利用ください。

!​検査装置との患者属性連携が簡単に

MWMサーバ:RADWorkList

​クリニックでのMWMサーバーは、高価で導入が進んでいません。

しかし、検査装置のパソコンで患者情報の入力ミスが多い

電子カルテや画像ファイリング(PACS)を導入しても

デジタル化・自動化できない院長先生のご要望にお答えします

電子カルテや医事システムより、患者属性情報をファイルに出力(CSVなど)

検査装置(CR,DR,CT,MR等)の操作コンソールより患者属性情報を​取得できます。

接続する検査装置は4台までにすることで、コストを抑えたWMWサーバーを導入できます​。

お知らせ!

​【2021年】

​New!

2021/04/12  国際医用画像総合展(ITEM2021)にSonicDICOM PACS MD 出展
2021/04/06  博多ひのきクリニック樣 SonicDICOM PACS MDクラウド版 運用開始しました。
2021/01/04  SonicDICOM PACS MDクラウド版 販売開始

​【過去のお知らせ】

2020/07/22  SonicDICOMとクラウド電子カルテ「CLINICS」との連携試験完了!

2020/05/20  日本製フェースシールド&飛沫感染防止用パーテーション発売!

2019/12/08  来年2020年3月開催のMedtec Japan 2020に福岡県のブースにて出展決定!

2019/12/07  OsiriXMD 11.0.1がリリースされました。

2019/12/01  SonicDICOMの販売を開始しました。

2019/10/09  OsiriXMD 11.0.0がリリースされました。

2019/06/19  OsiriXMD 10.0.5がリリースされました。

​2019/04/15  ORTHANC 1.0.4​がリリースされました。

2019/03/26  OsiriXMD クラウド機能追加